2018年07月23日

マネーの虎

昔、テレビで放送していた「マネーの虎」という番組が
ありましたが、たまたまyoutubeで久しぶりに観てみました。

そうしたら、なんだかハマってしまい、ほぼ全部の放送を
観ちゃいました。

今では当たり前にあるようなものが当時は珍しかったり、
当時はあまり受けいられなかったものが今ではブームになっていたり。
志願者のプレゼンも上手な人、面白いもの、これはダメでしょ~と
思うようなものまで色々あってかなり楽しめました(笑)

また、当時マネー成立した人が今どうなっているのか?
かなり儲かって成功したけど、結局商売うまくいかなくなって
しまった人やマネー成立はしなかったけど逆転勝利した人など
番組のその後がネットで検索すると色々出てきてまたそれが
興味深い。

しかも番組では成功者である出資側の「虎」自身が今は自己破産
していたり、閉店、倒産していたり。もちろん、今でも
成功している社長もいらっしゃいます。

また「売れるわけねえ~!」「絶対失敗するよ」と虎が言っていた
商品が大ヒット商品になっていたり、わからないものですねー!

ただ、虎は当時、テレビのギャラ、交通費、食事代なども
一切出なくて自腹だったそう。出資しても事業が失敗すれば
お金は戻ってこないし、あまりメリットないのかもしれないですね。
まぁ、全国放送で顔や社名が出る広告料だと思ってノーギャラでも
出演したのかもしれませんね。

だから、今もしこの番組を復活させたとしても、虎をやりたい!
という社長はあまり出てこないかも。

ホリエモンさんとかサイバーエージェントの藤田社長さん
などが虎をやったら面白そう!なんて勝手に思ってしまいます。
現代版のマネーの虎(当時の社長ではなく)観てみたいなぁ。


posted by えりか at 15:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

バチェラー2

amazonプライムのバチェラー2、先日ついに最終回。
周りで観てる人が少ないのだけど、結構ハマった!!(笑)

本当に結婚するかはわかんないけど、女性同士のバトルが
すごかったなぁ。私だったら性格的に無理だなー。

でも、これってあくまで番組だし、誰を残したら
ストーリー的に面白いか?とか頭で考えながら
選考してそうな気もします。

それに女性陣もほとんどの人が素人ではなく、
芸能プロダクションに所属している人のようですね。

毎回豪華なデートだし、カクテルパーティーも何度も
あって、そのたびに素敵なドレスに着替え、髪型も
ヘアメイクさんが付いているんだろうし、すごいお金が
かかっているなーという印象。

でも2ヶ月集中的に撮影するらしいから仕事も休めることが
条件のようだし、結構大変ですよね。

でも最終的に選ばれた女性はちょっと意外だった!
てっきりもう一人の女性を選ぶと思っていたので。
バチェラーも一人に絞るのは辛そうだったけど、
その後、二人の結婚はどうなるのかなぁ。
PART1でカップルになった二人はすぐ別れちゃった
みたいだけどね。

でも女性の嫉妬は怖いね。どんどん顔も怖くなる。
今回のメンバーで他人の悪口をよく言う人とほとんど
言わない人といたけど、やっぱり悪く言う人って顔に
気性の激しさとかいじわるさが滲み出ますね。

ただ、これはあくまで番組。出ている女性たちも
全くの素人ではなく、目立ってなんぼの世界の
芸能界で少しでも話題になれば仕事にも繫がるわけです。

おとなしくしていればほとんど写されないし、
目立ちません。だからこそ、わざとというか普段より
オーバーに演技したり、作ったりしている可能性も
高いですけどね。

あずあずや若様の存在がなかったらめっちゃつまんない
番組になっていただろうし(笑)番組としても個性の
強い人や自己主張の強そうな人を起用するというのも
重要かもしれませんね。

この番組のスタッフになってみたい(笑)
女性陣たちの裏側とかもすごそう~(^^)/


posted by えりか at 15:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

映画

最近、私の「趣味」に加わったのが「映画鑑賞」です。
映画の中でも特に「邦画」を観る機会が増えました。

家の近所に新しく映画館がオープンしてからより通いやすく
なったし、毎週水曜日のレディースデーは1100円なので、
なるべく毎週水曜日は映画を観ようと思っています。

最近、観たのは

「泥棒役者」
「祈りの幕が下りる時」
「去年の冬、きみと別れ」
「レディープレイヤー1」
「のみとり侍」
「クソ野郎と美しき世界」
「虎狼の血」
「友罪」
「万引き家族」などなど。

明日は「恋は雨上がりのように」を観る予定。
今月観る予定なのは
「OVER DRIVE」
「50回目のファーストキス」
「空飛ぶタイヤ」かな。

上記の中でレディープレイヤー以外はすべて邦画ですね。
でも今から絶対観たいなと思っているのが
9月に上映予定の「プーと大人になった僕」です。

ディズニーの「プーさん」の実写版。
予告からすでに私はうるうるしちゃってます。

この中で一番ゲラゲラ笑えて最後は
ほっこりできたのが「泥棒役者」。

終わったあと、すごい重い気分になったのが
「去年の冬、きみと別れ」と「友罪」。

ジーンと心に残ったのは
「祈りの幕が下りる時」「万引き家族」かなぁ。

でもそれぞれ良さがあるし、考えさせられたり
やっぱりテレビでは味わえない迫力が
映画にはありますね。
毎週水曜日のレディースデーはこれからも楽しみです!!

posted by えりか at 23:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする