2020年09月21日

I-LAND 最終回

先週金曜日にアベマTV生放送でI-LANDから
デビューメンバー7名が遂に決まりました。

まず、5位からの発表で名前が呼ばれたのがヒスン。
えっ?ヒスンが5位?とびっくりしましたが
入ってよかった~!

そして次は4位。
長~い間が続いてデビューメンバーは「ニキ!」と
呼ばれた時は私は嬉しすぎて
「ギャーーーーー!ニキ―――!」と
叫んでしまいました。
(でも発狂したのは私だけではないはず)

ニキはヒスンより上の票数で更にびっくり!
日本のダンスチームの方たちも皆さんニキに
毎日投票していたようですね。

でもyoutubeのニキの動画がその前からすごく人気で
再生回数もILANDの中でダントツ1位で
コメントやツイッターも海外からの方がすごく
多かったので日本人だけでなく海外からの票数も
かなり入ったのではないかと思います。

ニキの場合、救済票ではなく、実力で勝ち取ったと
思います。そのくらい最高レベルのダンスと表情も
魅力的で輝いていたから。泣き崩れるニキ君を見て
本当にデビューメンバーに入れてよかったと思いました。

そして3位がジェイク。相変わらずの人気ですね。納得!
そして2位はジェイ!「やった~~~~!」と叫びました。
ジェイは絶対必要!

そして1位がジョンウォン!!前回のグローバル投票は
8位でその後のプロデューサー審査もギリギリだったので
かなりの救済票が入ったようです。特に韓国で1位だった
のでジョンウォンは絶対大丈夫だと思ってました。

でもあれ?日本人のケイが呼ばれない。ビジュアル1位の
ソンフンも。そして毎回グローバル投票1位だったソヌや
愛らしいダニエルも。

今回のランキングは波乱でした。想像つかない展開。
結局6位はソンフンで絶対上位だと思っていたので
意外でした。

で、残り1枠はプロデューサー審査。
絶対ケイが入ると誰もが思っていたと思います。
でも選ばれたのはソヌでした。もちろんソヌが
選ばれたのは嬉しいし大好きなのですが、
それよりもなぜケイが脱落したのか理由も言わないので
もう唖然としてしまってその後もモンモンとして
ショック過ぎて眠れませんでした。

翌日もひきづってしまいましたが、ツイッターや
youtubeを見てみると皆さん同じ心情のようで
翌日の朝までツイッターのトレンドに「ケイ君」が
入っていました。

これは日本人だけでなく、海外からも同じような
反応でした。ケイは常にリーダーとしてみんなを
引っ張ってきてダンスも歌もルックスもよく、
比較的いつも上位だっただけに脱落する理由が
見つからなかったのでニキと一緒に絶対入って
ほしかった。

でもデビュー組7人の「ENHYPEN」の写真が翌日
公開されたのを見て10代の「少年」がコンセプト
なんだと感じました。BTSの「弟分」になるので
バランス的に大人っぽい22歳のケイ君ではなく
可愛い系のソヌを選んだのではないかと
少し思いました。

でもケイ君はダンススキルも歌唱力も背の高さも
顔の良さもセクシーさもすべてそろっているので
絶対絶対どこかでデビューするはず!
このまま手放すのはもったいない人材なので
パンプロデューサーもきっと今後の新しいグループで
ケイ君に声をかけるのではないかと期待しています。

可愛い系ではなく、パワフルで男っぽい
セクシーな大人の5人組とかでデビューしてほしい。
(以前脱落してしまったけどニコラスとかケイ君と
相性よさそう)

だってこれだけのファンがもう既に世界中にいるので
他の芸能事務所だってきっと注目しているはず。

でもともに一緒に生活して絆を築いてきたilandの
メンバーと一緒にデビューしたかったよね。。。
それを思うともうやきれないけど、前を向いて
これからも頑張ってほしいです。
(まずはゆっくり休んで)

それと今回の生放送で一番感じたのは
カメラワークのヘタさ。アイランドのメンバーや
脱落してしまったけど今回また集まったメンバーたちの
最大の見せ場である曲中につまらなそうな顔をしている
BTSやプロデューサーたちを何度も映すので
イヤになりました。

ただでさえ無観客なのにデビューメンバーが発表されても
最初は拍手さえしない、笑顔もない、爪を噛んで観てる
BTSはちょっと怖かった。

でも他にもゲストで来ていたグループ(名前わからない💦)の
人達は笑顔で拍手していたり盛り上げてくれていたのが
救いでした。
盛り上げ上手なセブチの4人も来てほしかったな。

でもとうとう楽しみにしていたilandは終わってしまいましたが
総集編とかやってほしいな。結構カットされたシーンも
いっぱいあるのでこれ観たかった!と思うシーンを
特別編集でやってほしい。(ニキの両親からの手紙シーンとか)

とりあえずニキのデビューは嬉しかったし、
ENHYPENの今後も注目していきたいと思います。
posted by えりか at 03:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする