2019年07月23日

最近の芸能界

ここのブログを書くのは超久しぶりです。4か月ぶり!!
やっと今週梅雨明けするかな?今年の梅雨は本当にずっと
雨三昧でしたね。

晴れた日がほとんどないというほど。これでやっと
夏らしくなるのかなぁ。
暑いのも苦手ですが、ずっと晴れないのもテンションが
あがりませんね。

今はちょうど吉本興業の闇営業、パワハラ問題が連日
すごい放送されていますね。

会長、社長は辞任したほうがいいだの、芸人はみんな
怖がっているなどテレビで言っていますが、うーん。
一般企業では会長、社長が怖い存在で
話かけづらいのはどこも同じですし、仲良くする必要も
ないと思います。(もちろんパワハラは絶対ダメですが)

減俸だけでは納得いかない!というようなコメントをしている人も
いるけれど、それはその会社が決める問題で周りが
とやかく言う事でもない気がします。きちんと体制を
整えてよりよい方向性にしていき、結果で示せばよいかと。

スッキリの加藤さん(極楽とんぼ)が「上層部が退任しないのなら
僕はやめます」と生放送中に言ったことが美談化されていますが、
公共の電波で言う意味ってあるのかな。
それは会社と加藤さんの問題であって会社に直接言えばいいこと。

でも吉本の社長さんももう少し話上手だったらこんなにブーイングも
出なかったのでしょうね。

やはり、企業のトップになる人は「簡潔に誠意をもって話すこと」が
常に求められると思うのですが、時間がなかったとはいえ、
それこそどんな質問がきてもいいように会社内で徹夜してでも完璧に
しておくことが大切ですよね。話下手なら尚更。
やっぱり脇が甘いという感じがしました。

事務所として「会見はできない」=「もっと精査してから」
という言い分もわかるし、宮迫さんたちの「謝罪会見を早くしたい」
という焦りの気持ちもわかる。

でも1ヶ月以上経ってから会見しても絶対遅いし、何より
詐欺被害にあわれてしまった方たちに謝罪するのが最優先で
事務所の方も一緒に同席して謝罪会見をし、受け取った
金額などの詳細や経緯などは後日改めて報告しますという形に
すればこんなに大きくならなかったと思うのでやり方が
やっぱり少し下手でしたね。

俳優さんたちと違って芸人さんは人を笑わせるのがお仕事なので
謝罪会見をしないと他の芸人さんまで迷惑がかかるし、
印象が悪くなってしまう。お客さんも笑えない。

だからこそ、まずは早い段階で謝罪会見をする必要が
あったように思います。そもそも一番悪いのは
反社会勢力であり、犯罪グループ。
嘘をついてしまった芸人さんも悪いけれど、
その後、すぐに会社に申し出ているし、反省もしている。
どちらにしても暫くは謹慎は続くでしょうが、
完璧な人なんて世の中いません。
ミスをすることもあります。

写真だって見た目の怖い人なんて世の中いっぱいいます。
でもそれが全員悪い人とも限らないし、見た目だけで
人を判断するのもどうかと思う。

写真を求められて「あなたは反社の方ですか?」なんて
聞けませんよ。スーツとか来てたら普通にわからないし。
もし営業先にそういう方たちがいても直接聞けないだろうし、
確認もしていないのに突如その場で仕事のキャンセルも
できないと思う。

犯罪を犯したわけでもないのに芸人さんへのバッシングは
ひどかったと思います。見ていて可哀想だった。

悪いのは反社!犯罪グループ!そこをもっと強調したい。

私は今まで散々宮迫さんたちを批判してきたメディアや
ツイッターなどで発する匿名の一般の方たちも
宮迫さんたちの会見後、手のひらを返したように今度は
吉本を攻撃する姿勢もどうかと思います。

常にターゲットを作っていじめているようにしか
みえない。。。


posted by えりか at 15:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする