2018年06月12日

映画

最近、私の「趣味」に加わったのが「映画鑑賞」です。
映画の中でも特に「邦画」を観る機会が増えました。

家の近所に新しく映画館がオープンしてからより通いやすく
なったし、毎週水曜日のレディースデーは1100円なので、
なるべく毎週水曜日は映画を観ようと思っています。

最近、観たのは

「泥棒役者」
「祈りの幕が下りる時」
「去年の冬、きみと別れ」
「レディープレイヤー1」
「のみとり侍」
「クソ野郎と美しき世界」
「虎狼の血」
「友罪」
「万引き家族」などなど。

明日は「恋は雨上がりのように」を観る予定。
今月観る予定なのは
「OVER DRIVE」
「50回目のファーストキス」
「空飛ぶタイヤ」かな。

上記の中でレディープレイヤー以外はすべて邦画ですね。
でも今から絶対観たいなと思っているのが
9月に上映予定の「プーと大人になった僕」です。

ディズニーの「プーさん」の実写版。
予告からすでに私はうるうるしちゃってます。

この中で一番ゲラゲラ笑えて最後は
ほっこりできたのが「泥棒役者」。

終わったあと、すごい重い気分になったのが
「去年の冬、きみと別れ」と「友罪」。

ジーンと心に残ったのは
「祈りの幕が下りる時」「万引き家族」かなぁ。

でもそれぞれ良さがあるし、考えさせられたり
やっぱりテレビでは味わえない迫力が
映画にはありますね。
毎週水曜日のレディースデーはこれからも楽しみです!!

posted by えりか at 23:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする