2016年04月02日

号泣

「えりかのひとりごと」は269gブログからシーサーブログへ
本日移行し、お引っ越ししてきました。

これからも、ゆる~くやっていきますので、
宜しくお願い致します。

久しぶりの更新ですが、今朝の出来事を1つ。
学生時代の親友で今は天国にいるSが夢に出てきました。

今までも何度か夢に出てきていましたが、今回の夢では
「もうSが天国へ行ってしまっているのに、私のところに
現れてくれた」と思っているというところがいつもの夢と
違うところでした。

いつもは夢の中では普通におしゃべりして「今を一緒に生きている」
設定だったのですが、今回ははっきりと「もうSはいない」というのが
自分の中でわかっている設定だったので、「今一番何がしたい?」という
質問を私はしているのでした。

すると、「インスタントのスープをいっぱい集めていて、
それを整理したい」という意外な答えでした。
スープが飲みたいのかな~?そんなにスープ好きだったっけ?
と夢の中で私は思っています。

そして2人でチョコのアイスを半分ずつ食べて公園のような
緑の多いところを一緒に歩いておしゃべりしていました。

夢の中のSは20代のころと全く変わっていなくて目が大きくて
セミロングのソバージュで可愛かったです。

そして、私がどうしても伝えなくちゃ!と思ってSに言った言葉。
「Sのお父さんとお母さん、今でもずっとあなたのこと愛しているよ。
ずっとずっと想っているよ」と伝えるとSがその場で泣き崩れました。

そして、その瞬間、Sの体があっという間に砂になって
しまったんです。

私は悲しくて悲しくて号泣してその場でその砂に
「S、来てくれてありがとう」と言ったところで目覚めました。

目覚めたときも涙がずっと溢れていて、しばらく泣いてしまいました。
今もこの日記を書きながら思い出すと泣いてしまいます。

30代前半という若さで突然倒れてこの世を去ってしまったS。
ご両親がどれだけ悲しい思いをされてきたか、私は知っています。
だからこそ、伝えなくちゃ!と夢の中で思ったのだと思います。

でも、久しぶりに夢で会えて嬉しかった。
S、ほんとにありがとう。



posted by えりか at 00:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする