2015年10月31日

お化け

わわわ、ここのブログ放置状態でしたね。。。(>_<)
更新久しぶり~~~。

ここのブログを読んでいる人は少ないと思いますが
時々友人から「このブログが一番楽しみ」と言われると
やっぱり嬉しいです。

さて、今日は昔見たお化けについて書こうと思います。
忘れもしない、小学校3年生の時でした。

クラスの友達と「お化け見たことある?」という話題になり、
「ないよ」と答えたところ、「もしお化けを見たら大きな声を
出せば、お化けは消えるんだって」と友人は言いました。

ふぅん、そうなんだ。。。と思い、すぐに違う話題になりました。
特別その話題が気になったわけでもなく、帰宅した時には
すっかり忘れていました。

そして、その日の夜、2階の和室で寝ていたところ、
なんだかチカチカして目を覚ましました。
ぼんやりしていると和室のふすまが開いた状態で
廊下の階段の電気がついていました。

薄目を開けて「うん?なんで電気ついているのかな?」
と思って見ていたところ、結婚式に着る赤い打掛と白い綿帽子を
着た女性らしき人が階段を一段ずつ登ってきたんですっ!!

私の目はぱっちり開いていました。
でも声が出ない。。。
「だ、誰・・・?」と思いながら見ていると
その女性らしき人は私のほうにやってきて
正面を見ました。

するとその顔は歌舞伎役者のようなメイクで目のつり上がった
怖い鬼のような顔をしていました。

こういう状態のときって恐怖で本当に声が出ない。
でも、学校で言っていた友人の「大声を出せばお化けは消える」という
言葉を思い出し、その時初めて「ギャーーーーーーーーーーッ!!」
という大声を出しました。

隣の布団で寝ていた母が飛び起きて「どうしたの!!」と
私に言いました。私は「おばけ、おばけがいた!!」と
震えながら話しましたが、目の前には誰もいません。

母は「いないわよ。夢でも見たのよ」と言ったのですが、
私は横になっていたわけではなく、叫び声を出した時は
起き上がって布団から出ていた状態だったので夢ではないと
思いました。

その日以来、和室のふすまが開いていると階段が見えるので
怖くて怖くて1人でなかなか寝られませんでした。
あれが夢だったのか、お化けだったのかいまだにわかりませんが、
怖かったな~~~。

でもなぜ、この話を書いたのかというと、昨日主人が寝言で
「うぁぁ~~~~」と大声を出したので私もリリィ―(犬)もびっくりして
飛び起き、「どうしたの!?」と聞くと目を覚まし、
「あっ~、怖い夢みたー!人が突然部屋に入ってくる夢でさ。。。」と
夢の中で見た恐怖話を聞きました。

それで、私も小学校3年生の時にみた「お化け」を思い出したという
わけです。

でも私が見たのは絶対夢ではない!と今でも思っています。
あれはほんと、怖かったなーーー。


posted by えりか at 21:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください