2014年07月18日

面白すぎる橋本八段

たまたまネットサーフィン中にみつけた将棋界の橋本棋士。
失礼ながら将棋はまったく見ないのでこのお方、
初めて知りました。

でももうこれが面白すぎっ!!

詳しくはこちらのサイトをみて~~☆

まずは、橋本八段の髪型の歴史がすごい!!

そして上記のサイトを見ていくと下のほうに
佐藤六段のインタビューが出ています。

そしてその下に橋本八段のインタビューが出ているのですが、
佐藤六段のモノマネを完全パクッていて必見です!!
めっちゃ笑えます。

でもまじめ一辺倒な将棋の世界を少しでも明るく楽しませようと
する感じが見受けられて気になります~~~!!

でもすごい実力の持ち主だし、今後も大注目ですね。\(^o^)/


posted by えりか at 23:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

リリィ―、パニックに。

先日、リリィ―をハウスに入れた状態で玄関まで持っていたときに
突然、リリィ―が飛び出してしまい、転んでしまいました。

幸い、足などの怪我はなかったのですが、予期せぬことが
起こるとリリィ―はちょっとパニックになってしまうことがあります。

今回も転倒したあとにスタスタと歩いたので骨折などはしていない!
と私もすぐに感じたのですが、恐怖だったのか、リリィ―の震えが止まらず、
その後は全身が硬直して座ることも出来なくなりました。

最初、やっぱりどこが怪我をしたのかも!!と焦ったのですが、
私の経験上、キャンキャン泣かず、転倒したあとすぐに部屋まで
歩いたので骨折や捻挫などはないと思ったのでこれはきっと精神的な
ものだろうと思い、ハウスの中に入るように言いました。

ハウスの中は穴倉と一緒で落ち着くし、バスタオルが敷いてあるので
まずはそこで落ち着かせようと。。。そして、リリーの好きなクッキーを
与えるとパクパク食べました。甘いものは気分を落ち着かせる働きが
ありますよね。

あとは「リリィ―、大丈夫だよ。守ってあげるからね。大丈夫よ」と
声をかけ続けました。

以前も何かがリリィ―の体に当たったか何かでびっくりした時も
リリィ―の震えが止まらなくなったことがあり、私が「大丈夫よ、大丈夫よ」
と声をかけたら震えが止まったことがあったので声掛けは大事だと思いました。

でもなかなかハウスの中から出てこなくて「やっぱりどこか痛いのかな」
と心配したのですが、15分後くらいしたらリリィ―も精神的に落ち着いたのか、
元気に出てきました。

「さっきはごめんね」と言うと何度もペロペロ舐めてきました。

10402773_667595639984442_5053891560275119811_n.jpg

今日も元気に飛び回っていますが、もうリリィ―も高齢なので
気をつけないと。。。

でもその日から私は主人に
「リリィ―、えりかにいじめられたんだな。かわいそうに」と
毎日チクチク言われています。。。(^^ゞ


posted by えりか at 12:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

毎日

私は日頃、色々な方と接する機会が多いです。

いい意味でも悪い意味でも世の中色々な方がいるし、
私自身も楽しい事もあればイヤな思いをすることもあるのですが、
基本的にあまり深く考えないおめでたい性格です。

なので、もしかしたら他の人だったらすごいショックを
受けるようなことでも私の中では「まっ、いっか」で済んで
しまうこともあります。

でもあまりにも理不尽なことをされたらはっきりと「NO!」と
伝えることが出来るほうなのでウジウジ悩みません。

で、ここ数日色々な出来事があり、先ほど主人に「こんなことがあった」
ということを機関銃のようにしゃべり続けていたら主人がひとこと。

「なんかさー。えりかって毎日刺激的だよね。専業主婦や会社勤めのOLさん
とかでは絶対経験しないようなことが日常的に起きてるってすごいな。
飽きないでしょ」と。

人はよく私のことを「悩みなんてないでしょ~、毎日楽しそう!」と
いうのですが、実はかなり壮絶な経験や出来事もいっぱいしています。
でもそれを言わないし、出さない。というよりは、何でもポジティブに考えるので
自分ではあまり「壮絶な」とは思っていないんですね。

でも私のことをよく知っている人からは「その壮絶な話を楽しそうに
あっけらかんと話すあなたがすごい!」とよく言われます。(笑)

あまり気にしない。人は人、自分は自分。まさに自由人という言葉が
私にはぴったりかもな~☆

刺激的な変化のある毎日、悪くないね♪♪




posted by えりか at 21:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする