2014年06月26日

レジのおねえさん

先日、近所のスーパーに行った際、他の列より一番空いていた
レジに並んだところ、「実習生」の名札が!!しまった!!
だから空いていたのか。。。

めっちゃレジが遅いんです。でも私はかなりの重さの
かごだったので他に移動するのも面倒でそのままそこに
並んでいたのですが、遅い!遅い!!
せっかちな私は既にイラッ☆

そして、今日もそのスーパーで一番空いていたレジに並んだら
例の「実習生」の名札の子だったので前回のことがあったので
すぐに隣のレジに移動しました。

そう、私の好きなレジのおねえさん、「鈴木さん」の列へ。。。
いや、別に友達でもないし、プライベートでもお話したことないのですが、
このスーパーの中ではこの鈴木さんがピカイチのレジ打ち。
というのも、レジのコンクールで優勝しているのです。
(お店に表彰された賞状が飾ってある)

鈴木さんは恐らく20代か30代前半くらい。色が白くて髪の毛も超長く、
いつも後ろに結んでいます。

鈴木さんは特別愛想がすばらしくいいわけでもなく、かといって無愛想
でもない。でもいつ行っても冷静であり、応対にムラがなく、丁寧に仕事を
しつつもスピーティーで正確。さすがレジコンクール優勝者♪♪

普段はすごく愛想がよいのにある時はすごい機嫌が悪かったというような人の
ほうががっかりしますよね。でも鈴木さんはいつ行っても同じ。

素早くバーコードをチェックし、きれいにカゴの中に入れ、あっという間に
お会計!!さすがです☆ 丁寧過ぎて作業が遅い人より、スピーディーの
ほうがずっといい!!

昔、実家の近くで有名なバスの運転手さんがいました。
パンチパーマをかけた見かけはこわいお兄さんでしたが、
「電車遅れる~」「遅刻する~!「急げ~!!」」と思った時にそのパンチ
のお兄ちゃんが運転手の時は「やったー!ラッキー!!」と心の中で
ガッツポーズ!

なぜなら、そのパンチのお兄ちゃんは運転はすこし荒いけど、
必ず一般的な到着時間より前に駅に着くのですごいありがたかったです。

後から聞いたら朝の通勤時にはサラリーマンやOLさんたちの
間で有名だったそうでご近所さんたちはみんなパンチお兄ちゃんの
ファンでした。

「運転多少荒くてもいい!早く駅に着いてもらえれば」という感じでした。
でも荒いと言ってもヘタな運転ではなく、切れがよいというか
細い曲がり方も完璧に曲がり、スピードも心地よく、かっこよくて
爽快感のある運転でした。

実習生のアルバイトさんも早く上達してくれるかな?


posted by えりか at 01:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

北村一輝にまた惚れた!

昨日、放送された「モニタリング」という番組の中で俳優の北村一輝が
どっきりに合っていました。

昔から私は北村一輝ファンでメルマガ(たまにしか送られてこないけど)も
前からずっと購読しています。

どんな役をやらせても上手だし、存在感を感じられる演技派俳優ですよね。
最近はほんとひっぱりだこで映画やドラマなどでも大活躍!!

で、そのモニタリングという番組の中で出版社の社長の息子という設定で
小学生の男の子が変な質問したり、タメ口で横柄な態度をとったり、
セットにいたずらしたり、ということを北村一輝にするのです。

相手は子供だけれど、中にはムッとしてもおかしくない言動もあるし、
どうするのかなーと思ってみていたら、注意すべきところはちゃんと
するし、でも対応が本当にすばらしくて。

特にセットの障子をその子供がいたずらしそうな雰囲気だったとき、
私だったら「いたずらしちゃだめよ」って最初に注意しちゃうと思うのです。

でも北村一輝はいたずらするだろうとわかった上であえていたずらさせ、
障子に穴を開けさせたのです。そして穴が空いていない障子をみて
「全部やっちゃおう!」といって一緒に穴を空けたのです。

そしてここからがかっこいい!「一緒にスタッフさんに謝ろうな。
ここのスタッフさんはいい人たちだからいいけど、外ではやってはダメだよ」
と言ったのです。

1人だけのせいにせず、自分も自らいたずらをして二人で謝ろうなんて
なかなか言えません。

そしてどっきりだとわかり、なんで一緒に障子に穴をあけたのか?
と聞かれた時に、「悪いことをまず自分で体験させてからそれがダメなんだと
いうことを体で覚えさせることが大事だと思う」というようなことを
言ったのです。

北村一輝さんは離婚されていると思いますが、だいぶ大きな息子さんが
いて「自分の息子に対しても同じように教育している」と言ってました。

うーん、かっこいい!!

でもこのモニタリングと言う番組の中で今までも色々な女優さん、俳優さんが
どっきりに合いましたが、毎回その交わし方や受け答えに感動します。

観月ありささんや山本耕史さんが出ていたどっきりでも
明らかに失礼な態度や言動に対しても寛大な対応でそれを
さらっと受けこたえるどころか逆にすごいユーモアたっぷりに
返したり、ちょっとのことでは怒らないんですよね。

その素敵な返し方にまた味方が変わったし、その人柄に
ファンになりました。

その時の番組のことについて書かれているサイトはこちら

やっぱり芸能人というのは人気がある人ほどそうなのかもしれません。
だからこそ厳しい芸能界で長く続いているのでしょうね。
恐らく一般人のほうがすぐに切れそう。。。(>_<)





posted by えりか at 15:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月08日

スーパーで

先日、あるスーパーで買い物をしていた時のことです。

私は黒蜜1瓶、お茶1袋、お豆3袋を抱え、かごを持たずに
そのままレジに向かおうとしたときです。

後ろから見知らぬおばさんが「あなた、大丈夫?
落としたら危ないからかご、持ってきてあげようか?」と
声をかけて下さったのです。

そしてかごのあるほうに一歩向かおうとされたのですが、
「ありがとうございます!大丈夫です!ありがとうございます!」
と私は返したのですが、
なんて親切な方なのでしょう。。。

例えば年配のおばあちゃんや体の不自由な方だったら
「大丈夫ですか?」と声をかけるかもしれないけど、
両手に持てる範囲だったし、普通はみんな気に掛けないと
思うんです。

それか気になったとしても普通はなかなか声をかけませんよね。

でもそのおばさんは私に「大丈夫?」と声をかけてかごまで
取りに行こうとされたんです。

なんだかすごい嬉しかったし、その方の優しい気遣いに
感動しました。

ちょっと心温まる瞬間でした。\(^o^)/


posted by えりか at 00:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする